沿革

沿革のご案内

1951年     3月 大阪市西成区にて山本貢が写真製版業を始める
1956年     5月 大阪市西成区鶴見橋にて株式会社山本写真製版所を設立
1967年     2月 大阪市西成区天下茶屋にて印刷部門として有限会社美生社を設立
1975年     8月 有限会社美生社の代表取締役に山本哲が就任
1981年     2月 大阪市西成区出城に本社ビルを新築
㈱山本写真製版所 ㈲美生社が同ビルに移転
1985年     5月 ダイレクトスキャナSG-888導入
1987年     9月 有限会社美生社を株式会社美生社に組織変更
1997年     8月 ㈱山本写真製版所と㈱美生社が合併し「株式会社美生社」となり総合印刷会社になる
1998年   10月 Celebrant Suite RIP導入 DTPを開始する
LUXELSETTER5600導入
2002年   10月 BESTEH28 菊半裁4色機を導入
弊社で4色印刷開始
同時にLUXEL T-6000 4/6半裁CTP導入
2005年     7月 倉庫増築 敷地内に駐車場を設置
2006年     6月 LITHRON26 菊半裁4色機導入 4色機増台で生産性が向上する
               7月 Digital Konesensus Premium導入 簡易校正の品質が向上する
             12月 環境保護印刷E3PA SILVER取得
2008年   12月 本社ビルに隣接して第2ビル増築
断裁機ITOTEC ROBOCUT導入 全紙の大断ちから
仕上げ断ちまで社内処理を行い生産性が向上
BESTEH28 菊半裁2色機を導入 印刷機5台を持つ工場に成長
2010年     6月 Trueflow SE RIP導入 あらゆる入稿データに対応していく為導入
2011年     8月 PTR-8600-S 4/6全版CTP増設 菊全両面機に対応 下版のスピード追求により増設
Fallbard AQUA導入 高品質インジェット導入により社内校正の充実 大判ポスターの出力が可能になる
             10月 Hi-Ace菊全単色両面機導入 モノクロ両面機導入により 短納期印刷を実現
2012年     5月 現象廃液削減装置 XR2000の設置
             12月 Japan Color標準印刷認証取得
Japan Colorプループ運用認証取得
2013年     1月 CTP版/PS版リサイクルシステム PLATEtoPLATEに参加
               6月 本社ビル耐震補強工事を実施 Falbard AQUA増設導入
               7月 代表取締役会長に山本哲が就任
代表取締役社長に山本素之が就任
               9月 Japan Color マッチング認証取得